2014年10月29日

文明人(その1) 文明的ストレス

(以下は、2005年に別のブログに書いたものを加筆・修正した文章です。)

 その昔、まだ人類が、文明をもたなかった頃、常に自然という脅威にさらされていました。猛獣に出くわす事も度々あったでしょう。足を踏み外せば命を落とすような所を歩く事も多かったでしょう。
 とにかく、危機に直面する頻度は、現代人とは比べ物にならなかったはずです。
 ところで、危機に直面したとき、ヒトの体にはどのような生理反応が起きるか?

 心拍数が上がります。血圧も上がります。筋肉が緊張し、手のひらや足の裏にうっすら汗をかきます。これは急激な運動への準備です。闘うにしても、逃げるにしても、“火事場の馬鹿力”が必要ですから、それをいつでも発揮できるように準備するのです。
 そして、実はこれ、ストレス状態なのです。

 ストレスなんて、嫌ですね。でも、ヒトがストレス状態に成らないように出来ていたなら、人類は間違いなく滅んでいました。と言うのは、“火事場の馬鹿力”が出せませんから、闘えば傷つけられる一方だし、逃げるにしてもポーカーフェイスで走る(歩く?)事になりますから。
 太古の人類は、度々ストレス状態になり、実際に闘ったり逃げたりして危機を潜り抜けた訳です。すると、ストレスは解消されます。当然でしょう。

 文明人も、ストレス状態になる事があります。ただし原因は、自然という脅威である事は少なく、主に人間関係や仕事(や勉強)です。すると困った事に、古代人と違って、闘っ(人に暴力を振るっ)たり走って逃げたりする訳には行かないのが、文明人です。
 ストレスを解消する為の“自然な”行為は、“野蛮だ”とか“大人気ない”とか“無責任だ”などと言われます。文明人にとって、ストレスは解消しにくいのです。
(続く)

コメント・トラックバックの受付は、最終回(その3)のみとさせていただきます。



補足
 気温の変動も、不快なものです。このような、環境の変化による不快を感じていれば、それもストレス状態です。そして、ストレス状態にある体は、ただじっと耐えているのではありません。適応しようとしているのです。と言うより、本来は適応して行く過程をストレスと言うのです。
 また、そもそもストレスという概念は、寒冷にさらされた場合の生理反応から作られたもので、生物学的な緊張状態の一切を言います(東京化学同人 生化学辞典より)。
 やはり、ヒトにストレスが無かったなら、とっくの昔に人類が滅んでいた事は間違いないです。
posted by 松尾宗弘 at 13:22| 認識(論?) | 更新情報をチェックする