2020年10月03日

めまいは寝転がり体操で治る(マキノ出版 ビタミン文庫)(肥塚泉著)

めまいは寝転がり体操で治るsq.jpg
医科大学の耳鼻咽喉科の教授である著者は、
めまいは薬では治らない
と、断言します。

とはいえ、患者に薬を処方する事は、あるようです。
しかし、それは対症療法。その場しのぎ(※)。
それを承知で、処方するようです。一時的に。
そして、
めまいを治す為にはリハビリテーション(この場合、寝転がり体操ほか)に取り組むよう患者を指導する、との事です。

ただ、そんな事をしても時間ばかり取られて料金は発生せず、病院にメリットはありません。
さっさと薬だけ出すようにしたほうが
お金になるし仕事も楽だ、
と、ハッキリ書いてあります。

それでも著者は、患者にリハビリを指導するとの事で、
こういう医師なら信用できるというものです。

そして、これは私の院に来てくれる人たちに勧めたい体操です。



もっとも、薬がその場しのぎでしかないのは、めまいに限った話ではありません。
整体師としては、皆さんに、痛み止めを飲んで欲しくない。
あれは、その場しのぎの最たるもの。
薬で痛みを「感じなく」しているのであって、治るのではありません。
それどころか、痛み止めを飲めば飲むほど、身体には悪影響が及んで行きます。

整体施術は本来、痛みの軽減が得意分野ですが、
痛み止めを多く飲んだ人ほど、施術をしても効果が出ません。
正常な反応が起きない体になってしまっている、という事です。


posted by 松尾宗弘 at 13:19| Comment(0) | 健康・療術 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください