2021年10月19日

ウイルス干渉?

同時流行?2021-10-18.png
ウイルス干渉、という説がある。
(あった、と言うべきか?)
これが正しければ、
今季、本当にインフルエンザが流行すれば、
新型コロナウイルス感染症は、下火になる。

もし、両方が流行するのであれば、
ウイルス干渉という説は
間違いだった、という事になる。

クリックして、この先をお読みください。
posted by 松尾宗弘 at 03:07| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2021年09月20日

国連の正体(藤井厳喜著)(ダイレクト出版)

国連の正体sq-s.jpg
著者は国連の成り立ちから説き始め、
日本を取り巻く国々が
その国連を悪用する様を述べる。

日本の外交の拙さ、
日本のマスメディアの
偏向ぶりについても述べる。

クリックして、この先をお読みください。
posted by 松尾宗弘 at 13:13| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2021年07月04日

注文が多い(その1)

注文が多い1.jpg
私の好きなコーヒーは
エルサルバドルの浅煎り。
生豆の重量が 14% から 15%
減るように焙煎した豆で、
焙煎の翌日に
87℃の湯で
円錐型のペーパーフィルターで
ドリップしたコーヒーが、
今いちばん気に入っている。

クリックして、この先をお読みください。
posted by 松尾宗弘 at 16:27| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2021年03月05日

ご都合主義

https://twitter.com/hiroshitokyo46/status/1367111343933820937
新型コロナウイルス感染症(の重症化)を防ぐという、mRNAワクチン。
接種が進んでいる海外では、死亡例が出ても「因果関係不明」と、あしらわれているのが現状(↑)。

すでに日本でも、一名が接種後に亡くなり、同様に扱われました。
しかし、
新型コロナウイルス感染者(本当は検査で陽性だっただけの人)が亡くなったら、死因が何であれ、新型コロナウイルスで死んだ人として計上しているのですよね(↓)。
https://www.mhlw.go.jp/content/000641629.pdf?fbclid=IwAR3jiIq31OUPqu9kI1rLZSw6eoWalwXKliPLlZeId4SXY18ZzLa_CjFi8uo
それなら、
ワクチン接種後に亡くなったら、因果関係によらず(だから不明でも)、ワクチンで死んだ人として計上するべきでは?

まったく、矛盾というか、ご都合主義というか、ダブルスタンダードというか……

posted by 松尾宗弘 at 04:37| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2021年03月04日

ノーベル賞の価値

19分50秒から、ノーベル賞の裏話です。
ノーベル賞を取ったからと言ってオマツリ騒ぎをするのは、やめたくなります。

https://www.youtube.com/watch?v=fMSz1aiJN-c&feature=share&fbclid=IwAR1-at_7xkjAuBfHGtun8bCRbwHb32qa_1I20ti-pB0zSrEptPPYtITwDkg

posted by 松尾宗弘 at 03:40| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2021年02月06日

なんでもコロナのせい

Screenshot_2021-02-03 印象操作1-2.jpg
二月二日の新聞(地方紙)です。
新型コロナウイルスによる「後遺症」を取り上げた記事です。
軽症でも、後遺症は重い事がある、
といった事例が紹介されています。

四日にはNHKラジオ第一で、
「無症状だったが、『後遺症』がある」
という話を聞きましたが、
意味が分かりませんでした。

クリックして、この先をお読みください。
posted by 松尾宗弘 at 20:10| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

コーヒー豆を煎る。自分で。

コーヒー豆を自分で焙煎する。
プロには到底かなわない。
しかし、どんなに腕の良いプロが煎っても、コーヒー豆は必ず劣化する。
劣化した豆で淹れるコーヒーを飲むくらいなら、下手でも自分で煎った豆(煎って数日以内の豆)の方が良い。

焙煎前後.jpg
写真の豆は「エルサルバドル」。
この豆の場合、焙煎後に生豆の 14% から 15% 軽くなっていれば、合格(自分の基準)。
さわやかな酸味が楽しめる。
焙煎の翌日から翌々日が味の良い時期で、それを過ぎると、あっという間に不味くなる。

posted by 松尾宗弘 at 02:19| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

架空請求だな、これは

SMSを受信(2018年1月23日、午前11時58分)、送信者名は Amazon、文面は以下の通り。

有料動画の未納料金が発生しています。本日中にご連絡なき場合法的手続きに移行致します。03-6365-5989
 アマゾンマーケティングサービス

以上。
これは架空請求であると断じ、無視します。法的手続きですか? やってごらんなさい。
皆さんも気をつけてくださいね。

posted by 松尾宗弘 at 15:09| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

平成三十年、あけましておめでとうございます

EIZO のディスプレーは確かに優れているが、それが困ったところでもある。なにしろ、ほかのディスプレーと、まるで歩調が合わない。
今年の年賀状は特に、ほかのディスプレーではきれいに見られない様子であるのが、残念。
2018年賀状WEB用.jpg
posted by 松尾宗弘 at 00:45| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

話が偏っている、一票の格差問題

 一票の格差問題。これを初めて知ったのは三十年前、中学生の時だった。教科書に書いてあった。
 しかし一読して、意味が分からなかった。

 二度目か三度目に、理解できた。一票の影響力に差がある事を、問題にしているのだ、と。しかし、なお分からない。
 地方で投じられた票が、都市部の当落に影響するのか? しないはずだ。それで、何が問題なの? どこが不平等なんだ? それぞれの選挙区内では、しっかり平等じゃんか。
 これは、問題でない事を問題にしている。

 今でも、この考えは大して変わっていない。
 そんなに一票の格差(があると言うなら、それ)を解消したければ、国会議員は、全員を全国区から選ぶしかないだろう。
 いくつもの選挙区に分かれているのは、何故なのか? その意義は?
 この点を掘り下げた話を、もっと聞きたい。数値の話に偏っていては、適切な結論は下せないだろう。



 10月14日、広島高裁岡山支部は、今年七月の参院選について、「違憲の問題が生じる程度の著しい不平等状態が残っている」との判断を示しました。同18日の高松高裁の判決は、「違憲の問題が生じる程度の著しい不平等状態とまでは言えない」でした。このように、異なる判断が示されています。

posted by 松尾宗弘 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

三割引き

まるっきり気にしていなかったのですけれど、よく見れば、

「税込価格の」

と、わざわざ書いてあるんですね。店にもよるのでしょうけれど。

さて、それなら税抜き価格から三割引いたら、もう少し得なのでしょうか? 損なのでしょうか?

ま、割合を教える時に、いい話のネタになります。thirtypercentoff.jpg
posted by 松尾宗弘 at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

それぞれの役割

(以下は、2005年に別のブログに書いたものを加筆・修正した文章です。)

 何年も前の新聞記事である。記者がよくこんな事を告白したものだ、と思いながら読んだ記事だ。

 ある新聞記者が、ある大学教授のもとへ取材に行った時の会話である。
記者「専門知識を、噛み砕いて判り易く伝えるのが、
   我々の役割ですね」

教授「いや、専門知識を噛み砕くのは、私達の役割です。
   マスメディアは、とにかくそれをキチンと伝えて欲しい」
 しっかり釘を刺されてしまったそうだ。そりゃそうだろう。

 それにしても、テレビ局の人のこの発言といい、マスコミの人達の“使命感”をよく表していますね。


コメント、トラックバックは「続き」にて受け付けます。
posted by 松尾宗弘 at 12:08| その他 | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

NEWS, TV, INTERNET

(以下は、2005年に別のブログに書いたものを加筆・修正した文章です。)

 4月30日の新聞より。
 日本テレビの氏家斉一郎会長も、ライブドアのインターネットによる速報重視について触れ「起きたことを伝えるだけではニュースではない。マスコミは原因や対策を議論しなきゃいけない」と指摘、…(以下略)


クリックして、この先をお読みください。
posted by 松尾宗弘 at 12:23| その他 | 更新情報をチェックする